HOME>注目記事>あらゆる世代の健康や美容に着目してみよう

消費者ニーズを的確に捉える

カウンセリング

新宿エリアには、美容系専門学校などの教育機関での知識・技術の修得が可能です。そこから、提携先となるサロンなどで活躍する者が大多数ですが、消費者の美容に対する意識と選択肢の変化に、臨機応変に反応できなければならないのも、最近の業界ならではの情報です。例えば、中高年向けのボディエステでも、消費者が自らエクササイズをすることでボディメイクできる時代でもあります。そんな中、頭皮マッサージや骨盤矯正といった、減量に直結しなくとも更年期障害、不眠、肩こりなどの生活の質改善に効果がある、総合的ボディメニューを学ぶ者がいます。このことにより、エステ未経験層も、経験してみたくなる、視野を広げることもできます。

選択できる仕組みづくり

施術を受ける女性

新宿エリアのエステサロンでは、ナチュラルやオーガニックなどが注目されています。痩身では、ただのスリムを目指すのではなく、健康的な身体を目指しています。フェイシャルについても美容医療を中心としたアンチエイジングを極める流れが確立しつつありますが、並行し、加齢やそのトラブルも楽しめる(いい方向に受け入れる)ウィズエイジングの考え方を支持する消費者も増えているといいます。あらゆる世代が健康美を求めるようになり、エステサロンもコンプレックス解消の場ではなくなり、素肌全体、身体全体を年相応に美しく保つためのエステティシャンを育てる教育にも努めています。

可能性に広がりが生まれる

施術台

結果的に、新宿エリアには美容系専門学校や関連する教育機関の施設の数も多く、消費者ニーズに力を入れるなどしていて、美容のトレンドを上手に取り入れることができています。まだまだ広がるエステの可能性、美容の枠が広がっています。ただのフェイシャルや痩身の提供だけでなく、サプリメントを飲む、美容皮膚科などの病院へ行くなどの選択肢、肌に効果的となるサービスもあるのです。従来の技術ありきの枠にとどまらず、ドクターズコスメの紹介、カウンセリング能力を磨くことも行われているようです。